腰痛 ぎっくり腰

腰痛 ぎっくり腰 色彩治療

筋肉、筋膜の損傷や腰椎関節捻挫、いわゆるギックリ腰

ぎっくり腰は急性腰痛、腰椎関節捻挫とも呼ばれる、急に体を動かしたときにグキっという衝撃と共に、腰が強い激痛に襲われるというものです。 ぎっくり腰は原因はいろいろあって、どうしたら起きるということがありません。
症状が軽いと安静にして治る場合もありますが、慢性化するとずっと痛みが続くので、できるだけ早く施術を受けた方が早く治ります。
ぎっくり腰とは急性腰痛症ともいわれ、急激に腰に激痛がはしる症状です。これはふとバランスを崩した瞬間や、急な動作、悪い姿勢で重い荷物を持とうとしたとき、体を強引に捻ったときなどに発症して、その場を動けないほどの激痛が走ることがあります。非常に強い痛みが急激に発生するので欧米では、「魔女の一撃」と呼ばれることがあるそうです。
椎間板ヘルニア腰椎椎間関節捻挫と呼ばれる症状で起こる場合もありますが、原因が分からないので、 非特異的腰痛症と呼ばれたりします。医学用語で原因不明のことを非特異的といいます。

 

ぎっくり腰つまり急性腰痛症は症状で、原因が椎間板ヘルニアや腰椎椎間関節捻挫などの場合があるということです。
ぎっくり腰の原因は重量物を持ったり、体を捻ったり、体重が重すぎて腰に負荷がかかったり、筋肉の疲労が重かったり、姿勢不良で腰に負荷がかかることにより起きる障害によるもので、ぎっくり腰の原因としてはこれらのことが言われています。
しかしながら、これらはぎっくり腰を引き起こすきっかけであり原因とは言いにくい場合や、それが科学的根拠に乏しいとか、 原因を特定でずそもそも関係があるのかすら不明なことなどで、よく分かっていない場合も多いのです。

 

そうして、体力の低下によりうまく腰を支えられなくなって腰を構成する組織に障害を起こしてしまっているのがぎっくり腰と考えられます。といっても、今までの知られている情報では、何によってぎっくり腰が引き起こされているということは不明であることも多いです。
様々な因子が重なりあって発症するのでそのたび毎、その人毎により違う因子である可能性があります。よって特定の因子が原因というよりも、複合因子により急激な腰痛になることをぎっくり腰と呼ばれていると考えられます。
突然腰に激痛が走り、その場から動けなくなるひとはたくさんいると思います。
ぎっくり腰と呼ばれるものは、検査により椎間板や骨格組織にも異常が認めらないこともありますし、神経痛も発症しません。
こうして、はっきりした原因がないのに急激な腰痛の症状がある場合には、ぎっくり腰や急性腰痛、腰椎捻挫などの症状名がつけられることがあります。
原因として挙げられるのは、筋肉の慢性疲労です。突然起こるぎっくり腰は、最終的な症状として急激に表れるだけで、ゆっくりとその原因となるものは進行していると思われます。
悪い姿勢で荷物を持上げようとした瞬間に腰に激痛が走ったり、よろめいた瞬間に強く片足を踏み込んでしまった場合などにぎっくり腰になりやすいのですが、いつもは同じ動作をしても大丈夫だったのに、あるときはぎっくり腰になってしまうことがあるのです。
これは、少しずつ溜め込まれた筋肉疲労が、あるとき負荷の許容量を超えてしまい、筋肉の損傷がぎっくり腰として発症してしまったと言えるでしょう。
普通の生活でも、筋肉疲労になることはあります。きちんと休養をとることにより筋肉疲労は回復するのですが、睡眠不足や偏った食事で栄養バランスが取れていなかったり、運動不足や同じ姿勢を続ける仕事などしていて、筋肉疲労が徐々に蓄積されていき回復することがない場合に、ぎっくり腰になってしまうことがあるわけです。
ぎっくり腰になるほかの原因として、骨格の歪みもあげることができます。日常生活において、立ちっぱなしの仕事や座りっぱなしの仕事に就いていると、長時間、同じ姿勢でいることが多くなります。このような状態では、身体の柔軟性を使わないことからその機能が失われていき、同じ姿勢での骨格や筋肉だけを使うことがあります。
ずっと使われている筋肉には負荷がかかり、使われていない筋肉は少しずつ筋力が低下していきます。こうして筋力のバランスが崩れてしまうことで、骨格の歪みが発生してしまいます。
こうして歪んだ骨格により体の左右のバランスが崩れるので、その周囲の筋肉への負荷が増えていきます。身体のバランスをとろうとするほかの筋肉にも少しずつ筋肉疲労が蓄積されてぎっくり腰の発症につながります。
若い人やスポーツ選手に多いぎっくり腰の原因としては、ジャンプして高いところから飛び降りた着地の瞬間や、勢いよく急に振り返った瞬間、横になっていて勢いよく起き上がったときなど、静止状態からいきなり動いたときや、動きの急激な切り替えの時に、腰に非常に強い過負荷がかかり、ぎっくり腰になってしまうことがあります。
その他にぎっくり腰になる原因として考えられるものは、体重が重すぎて腰に負担がかかる場合や筋肉のバランスの崩れや悪い生活習慣、または悪い生活環境、体質なども考えられます。しかしながら、必ずしもこれらがあてはまらないという人もいると思われます。
ぎっくり腰の発症に大きく関係していると思われますが、ぎっくり腰の原因は複合的で人それぞれの原因が考えられます。