坐骨神経痛

坐骨神経痛でお困りではありませんか

94.8%のお客様がその場で効果を実感

まずはお気軽にお電話ください

施術が初めてでも安心

ヘルモア口コミランキング1位

お悩み

  • お尻から、太もも、ふくらはぎまで痛みがあり歩けない・・・
  • 靴下を履こうとしても痛くて足先まで届かない・・・
  • お布団が合わないことが原因と思って、低反発のマットに買い替えたが変わらなく痛い・・・
  • レントゲン検査を受け、処方された湿布したのに改善が見られない・・・

つらいですよね。

でも、もう大丈夫ですよ。あなたと同じ坐骨神経痛に悩んでいた人が当院の施術で改善されております。

まずは表参道にある青山色彩治療院の整体を受けて坐骨神経痛が改善された喜びの声をご覧ください。

坐骨神経痛が改善したお客様の声

坐骨神経痛のしびれが解消されました。

お客様写真
アンケート用紙

辛いしびれが取れて楽になりました!

以前からの坐骨神経痛がひどくなり右尻部から足の側面足首までしびれが走り往生していました。

痛み止めの薬やマッサージでは一時的で症状は改善されませんでした。半ばあきらめていたところインターネットで青山色彩治療院を知り自然治癒力を生かすところに興味を持ちました。個々の痛みに合わせた施術で私の辛いしびれもとれ、良くなると、治そうという気力が湧いて積極的になれます。

先生には感謝しています。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

佐藤 恵以子様 台東区 58歳

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

腰痛が解消しました。

お客様写真
アンケート用紙

昨年末から発症した腰痛が悪化。マッサージに行ったが改善するどころか痛みがひどくなり来院しました。

1回の施術で驚くほど動けるようになりました。こんなに即効性があるなんて、本当にビックリ。色彩のパワーに改めて感動しました。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

K.M.様 表参道勤務 46歳

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

足腰の痛みしびれが解消しました。

お客様写真
アンケート用紙

坐骨神経痛、椎間板ヘルニアで左側の腰、足あしびれて痛く、歩くのも休みながらでした。

整形外科に通ったり、整体院・接骨院に通いましたが、一向に痛みが治まらずこちらのHPを見て来院しました。半信半疑でしたが、一度目の施術で驚くほど楽になりました。

赤ちゃんを連れて来院したのに嫌な顔せず見てくれました。現在は一人で来院しています。赤ちゃんを抱っこをできるようになりました。三回目ぐらいで不思議と以前の痛みが気にならなくなった。

色々な所へ行っても改善されなかった人にお勧めです。

来るたびに、ほかに気になる部位も見てもらい、痛みの原因を教えてもらいよくしてもらっています。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

あなたもきっとこのように症状が改善に向かいます!

それでは、坐骨神経痛とはどのような症状をいうのでしょうか。

坐骨神経痛とは

坐骨神経の炎症!!

坐骨神経は人体のなかで一番太く、長い末梢神経で、腰から爪先まで続いているのです。この坐骨神経が圧迫さたり、炎症したりすると、腰・おしり・ 太もも・ふくらはぎ・足の先などに、鋭く強い痛み・ ピリビリと電気が走ったようなしびれ・こわ張りなどの症状が出てくるのが坐骨神経痛といわれています。

坐骨神経の炎症なので、炎症を抑えてあげれば症状は解消するのです。複合的な要因の場合は、それぞれの原因をつきとめてそれに対して施術することにより、症状が解消します。

腰痛は腰とおしりに痛みがありますが、坐骨神経痛は臀部や足に痛み、しびれ、つっぱりがでますよね。坐骨神経痛と腰痛は同時におきる場合もでない場合もあります。

坐骨神経痛の症状は、臀部や足にでるのが特徴で、おしりは、腸骨綾・仙骨・大転子・坐骨などに症状が出るのです。そしてその部分に痛みやつっぱりしびれがでます。

足は大腿部中央とその外側や横側の筋肉が固くなり、そこが痛みが出たりつっぱたり、しびれたりしますね。

急性症状では、歩けなくなったり、すわれなくなったりします。痛みがひどくなると夜も眠れなくなるくらいツライですね。

坐骨神経痛の図

病院やよくある整骨院での一般的な対処法は

坐骨神経痛で病院に行くと、基本的には投薬と湿布の処方が行われます。

痛み止めを飲むことで一時的坐骨神経痛の痛みが和らぐことはありますが、根本的な治療ではありません。

整骨院では骨盤矯正や整体で体のひずみを治そうとしますが、すぐに痛みが取れることはないか、楽になってもすぐに症状が出てきます。

坐骨神経痛の原因は?

坐骨神経痛は、腰椎と腰椎の間隔が狭くなり、クッションの椎間板の髄核がはみだして、坐骨神経を圧迫することで坐骨神経痛になることがあります。

とくに腰椎4番と5番、5番と仙椎あたりの椎骨が障害されやすいことが知られているのです。上体の重さが一番かかる場所であり、動きの負担もかかりやすい場所だからですね。これは椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛です。急性にでると腰や下肢に炎症がでて、痛み・足のしびれ・つっぱり・腰痛などがでて、歩く事も立つこともできなくなりますね。

足でもとくに下腿につっぱり・しびれがあるときは、おしりの障害による場合があります。

大腰筋の炎症で坐骨神経を圧迫して、おしりや足に痛みやつっぱり・しびれがでてきます。

座っていると痛くなる坐骨神経痛は、仙骨のそばや坐骨のまわりに障害が現れ、足に痛み、つっぱり・しびれてきます。立ったり歩いているときは症状が出ないのですが、座るとこれらの症状がでてくるのがこのタイプの坐骨神経痛の特徴です。

しばらく歩いていると、つっぱって歩けなくなり、数分間しゃがんだり立ち止まっていると歩けるようになるのを間欠性破行といいます。

腰椎の4番や5番や腰椎と仙椎の1番の間が狭くなる脊椎間狭窄により神経の圧迫や血流障害が起こると、間欠性破行が現れるのです。このときもおしりにも障害が現れます。

足底や足指、外くるぶしの上の方がしびれたり、大腿や足につっぱり・しびれがでるのも腰からでる坐骨神経が圧迫されて起こる症状です。

坐骨神経痛の原因となる疾患!!

坐骨神経痛の色彩治療

坐骨神経痛は原因が特定できた場合、症状のひとつとして扱われるのです。腰椎ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎すべり症などの疾患が原因のときは、腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症・腰椎すべり症が病名、坐骨神経痛が症状となります。

坐骨神経痛は原因の疾患が見つかりやすく、病名ではなく症状として扱われることが多いようでが、検査をしても原因が特定できない場合は、坐骨神経痛が病名なのです。

坐骨神経痛の原因となる主な疾患には、以下のようなものがあります。

腰椎ヘルニアの場合に背骨は、椎体という骨によって構成されていて、椎体と椎体の間には、クッションとなる椎間板という軟骨がありますね。この椎間板の髄核がはみだしたり、飛びだしてしまうのが腰椎ヘルニア、神経を圧迫することにより坐骨神経痛を起こすのです。中腰や前かがみなどの同じ姿勢を続けたり、急に重たいものを持ち上げたりしたときに、 発症することがありますね。

脊柱管狭窄症の場合は、背骨のなかの脊柱管に、脊髄と、それに続く馬尾神経が通っています。この脊柱管が狭くなるのが脊柱管狭窄症で、腰のあたりで発症すると、腰部脊柱管狭窄症というのです。腰部脊柱管狭窄症になると、馬尾神経を圧迫することから、腰の痛みや足のしびれなどの症状を起こします。

先天的な原因の場合もありますが、多くは加齢によって腰椎が変形して、脊柱管が狭くなってしまったために起こることがあるのです。

腰椎すべり症は第4腰椎に多くおこり、第5腰椎・第3腰椎にも見られて、女性に多い症状で、閉経の頃に多く発症します。これは、女性ホルモンの減少で骨粗しょう症となり、骨同志が支えられなくなり腰椎すべり症が起こるということです。

変形性腰椎症は腰椎の形が変形し、神経を圧迫して腰に痛みや足のしびれを起こすものですね。原因は加齢、同じ姿勢を長時間続ける、運動などで腰に強い負担をかけるなどがあります。この変形性腰椎症は脊柱管狭窄症の原因になってもいますね。

この他にも、腰椎分離症や腸腰筋症候群・梨状筋症候群・背骨への外傷による圧迫・帯状疱疹・カリエス・脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍といった腫瘍・糖尿病・アルコール依存症・喫煙・トレスなどの原因で起こる場合やこれらの疾患や原因が特定できなくても、症状が出ることがあります。

医師からも推薦いただいております。

大木先生 推薦文

整体や鍼灸の先生から推薦いただいています。

矢野先生 推薦文

杉本先生 推薦文

施術後すぐに腰痛が解消しました。

アンケート用紙

施術後すぐに痛みが解消しました。

痛みが出ても、短時間で消えました。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

M.F.様 板橋区 52歳

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

朝起きてトイレに歩いていけなかった腰痛が解消されました。

腰痛で朝起きてトイレに歩いていけなくなりました。 這っていったがトイレで中腰で座るのが痛くて大変でした。仕事で長時間パソコンの前に座っていたあとで、椅子から立ち上がると、腰が伸びないのでトントンと腰を叩いてようやく伸びるのでした。

施術を受けるとほとんど腰痛を感じていない自分を発見しました。

朝、トイレにも普通に行けるようになりました。椅子から立ち上がる時も腰を叩くこともなくなりました。ジョギングも快調に走れるようになりました。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

目黒区62歳 会社員 Y.Kさん

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

青山色彩治療院初回割引キャンペーン

返金保証

外苑前駅、表参道駅から当院までの案内地図

色彩治療 電話0120680424

色彩治療 LINE

坐骨神経痛がなぜ改善するのか

当院では、オリジナル整体である色彩治療で、傷ついた「神経・筋肉・靭帯・骨」の細胞をきちんと再生することができます。

また、「筋肉・靭帯・骨」のバランスを整えて、正常な機能を取り戻すことにより、坐骨神経痛の症状がよくなるのです。

色彩治療とは?

色彩治療カラーチップ写真

1.鍼灸と同様、皮膚上のツボに刺激をあたえる療法です。
鍼灸は痛いことがありますが、色彩治療は微弱な光なのでまったく痛くありません。

2.シールでツボに貼りつけます。色彩治療はカラーチップの反射光を利用しています。何も副作用はありませんし、お客様に合ったカラーを選んで施術しますので、痛みや病気のお悩みをもとからに改善します。

それでは実際の施術風景を下の動画や、写真で見てください。

坐骨神経痛 ツボにマークします シールを貼ると症状が改善します

坐骨神経痛施術の流れ

パワーテストによる探索棒選別

お客様に必要な探索棒をパワーテストで選択します。

施術写真

探索棒写真

ツボの取穴

症状により使うツボが決まっており、そのツボ地図に従ってツボを取穴します。正しいツボでは探索棒を当てるとパワーテストクローズになります。これは、探索棒をツボに触れただけで症状が好転することによります。

ツボに後からシールを貼るための目印として、マジックでマーキングします。

ツボ取穴写真

カラーシール貼り付け

ツボにカラーシールを貼ります。

カラーシール写真

カラーシール貼り付け写真

おわりに

あなたには現在、3つの道があります。

1つ目は
今まで通り毎日感じる腰痛を我慢して、どんどん症状を悪化させてしまう道

2つ目は
現在通院しているあまり効果が実感出来ない治療院に「安いから、近いから、何となく気休め」といった理由で大切なお金と時間を無駄に使い続ける道

3つ目は
あなたが我慢している痛み・しびれを確実に改善してくれる「腰痛専門」表参道にある青山色彩治療院に通院してもう2度と痛みやしびれに悩まされない人生を手に入れる道

あなたがどの道を選ぶかはあなたの自由です。しかし、よく考えてみて下さい。あなたは本当にこのままツラい腰痛にずっと悩まされていく人生を歩みたいでしょうか?

あなたの答えがハッキリと『NO!』であれば今すぐ表参道にある青山色彩治療院へお電話下さい。ご来院を心よりお待ちしております。

青山色彩治療院 院長 保田宏一

青山色彩治療院初回割引キャンペーン

返金保証

外苑前駅、表参道駅から当院までの案内地図

色彩治療 電話0120680424

色彩治療 LINE

青山色彩治療院の地図